結局、同僚といっても他人は他人(ヒトはヒト)。

他社員からの視線が痛い。昨年度、同じ部署から複数の退職者が出た。定年は少数だったが、社長の運営方針に納得いかない社員が数名、連れ添って?退職した。専門部署だったので、すぐさま専門資格を所持する求人募集をかけたが、同じ地域でもその専門資格を所持する求人募集をほとんどの会社が出していたが、求職する人が圧倒的に少なかった。そのため、とりあえず資格を持っていた私が「とりあえず」という形で、現状の業務を行いつつ、その専門部署で兼務で働くことになった。しかし現状の業務だけでも人手が足りずに困っている状態であったが、社長命令では拒否することもできず、他の社員を不安にさせることもはばかられる雰囲気だったため、とりあえず、今頑張っている。実のところ、兼務を始めたことで定時で帰れることはなく、土曜・祝祭日は一度は顔を出す状態。元々の業務も、繁忙期には人手が必要だったが、そこに充てる社員がいなかったため、残業当たりまえ・土日返上で乗り切ってきていたので、新しい業務を兼務することで、忙しさが倍増(それ以上)となり、それでもがんばっている。私が府に落ちないのは、土日出勤したくないとか定時退社希望とかいう話ではなく、こんなに頑張っているのに、専門部署で元々業務についている(兼務ではなくその業務だけ)社員から、「まだまだいけるのでは?」「働きが足りない」などと言われるような言葉をかけられている。いやいや、私、兼務で仕事してますから。元々の業務を誰かとワークシェアせずにそのまま行っていて、さらに新たな業務を担って頑張っているのだから。だいたい、あなたはその業務一本で頑張っていらっしゃるみたいですが、私はそれ以外にも業務を担っていて、それこそ、経理も総務も、用務も人事も、なんでも請け負っているから、専門業務を行う余裕なんて本当はないのです。それでも他の社員に迷惑かかるからと対応しています。そりゃあ、専門部署にいる社員から見たら、自分の時間が動けて、一人で仕事しているように思われるけど、一応、私も分刻みで動くので、専門部署の業務をその間に入れながら動くために段取りしています。私の性格上、余裕で動いているように見えているから、そういわれるのかもしれませんが、実のところ、かなりストレスたまって、体重は5,6kgが1か月で減るし、頭髪は両側頭部は極端に抜け毛が多く、頭皮にストレスがかかりすぎてカラーリングを止められているから、40代前半なのに白髪も増えて、白髪にまっしぐらです。早く業務を終えて帰りたい。休みの日は普通に休みたい。旅行もしたい。カラーリングしたい。アイフル 土日 電話