一人暮らしの実母とのランチタイムは聞き役に徹するべし

父さんが亡くなってから、母体は実家で独り暮しをしています。
「寂しいだろう」と願い何度か「一緒に住もうか?」と声をかけましたが、元気なうちは独力が気楽で良しとのことでした。
確かに私のほうも、子供と男子の手当てで思い切りなので、年老いた母体の手当てを始める余地も乏しいのが本心だ。
私も家庭や養育、労働にあわただしいので、どうも会いに出向くこともできないのですが、月に、何回か一人暮らしの母体の話し相手となるたけ二人で昼めしをすることにしていらっしゃる。
何気ない日常のキャリアや身近と会ったストーリーなど、止まることなくジャンジャン話して出向く母体のスタイルを見て「少々現役ですな」と感じながら聞いています。
大勢、ストーリー終わるとすっきりした身なりで昼めしを食べだします。
各回、母体の話し相手代金なのかわかりませんが、昼めしのキャッシュは母体が支払ってくれます。
40歳を過ぎた私でも母体にとってはまだこどもなのでしょう。
こんな、母体の心持ちを察して各回おごって下さい。ミュゼ鼻下脱毛